妊娠線、産後のかゆみは辛い!ケア方法とおすすめクリームについて

妊娠したお腹の大きな女性




妊娠線が産後になってもかゆいという女性も多いです。
なぜ、妊娠線が産後でも痒くなるのでしょうか。
例えば子供の頃に、転んで擦り傷を作ったときに怪我の治りかけに、無性に傷口が痒くなることってありませんでしたか。
妊娠線も同じようなことが言えるんです。

妊娠線がかゆい理由とは

擦り傷

妊娠線とか肉割れは、急に脂肪や筋肉がついて皮膚が追いつかずに皮膚の内側が破れてしまっている状態です。
妊娠線部分の皮膚は薄くなり、刺激に敏感な状態です。

ホルモンバランスも乱れているため、全身が乾燥しやすくなります。

治りかけには無性に痒くなることもあります。
起きているときには掻きむしるのを我慢したとしても、寝ているときに無意識に掻きむしってしまうこともあります。

妊娠線を防ぐには

妊娠線ができないようにするにはこまめなケアが大切です。
妊娠線って個人差があって、できやすい人とできてもあまり目立たなくて出産後に消えてしまう人もいます。

双子

消えるといっても、お腹が小さくなってお肌の内側が細胞によって修復されて徐々に薄くなるだけなので、よく見れば残っているという場合もあるでしょう。
妊娠線は、お腹が大きくなるのについていけずにお肌の内側が断裂して起こりますから、特に双子などを産むようなお腹が大きくなる場合には十分にケアする必要があります。

妊娠線クリームを活用しよう

妊娠線は、お腹の中央に縦にできやすいですが、横腹部分にもできる場合がありますから、妊娠線クリームをお腹全体を保湿するようにまんべんなく塗りましょう。
太ももにも妊娠線ができることもありますから、乾燥しやすい部分は体全体を保湿するように妊娠線クリームを塗りましょう。

そう考えると、妊娠線クリームを購入する場合には、ポンプタイプ等の中身がたっぷり入っているタイプを買うと惜しみなく使えます。
また、出産してからもすぐに妊娠線が薄くなるわけではありませんから引き続きケアしていくのがお勧めです。

朝、昼、晩とマメに妊娠線クリームを塗れればベストですが、無理でもお風呂上りにはケアするように心がけましょう。

妊娠線ケアにおすすめの商品

妊娠線ケアで人気のものをご紹介します。

バイオイル

バイオイル
バイオイル詳細はこちら

こちらは定番ですが、ずっと妊娠線ケアで人気のある商品です。
べたつかず、のびが良いので全身に使っている方も多いようです。

ニオイが特徴的なので、ドラックストアの試供品などで、香りを確かめてみてください。

ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム

ママ&キッズ ナチュラルマーククリー
ママ&キッズ ナチュラルマーククリーム詳細はこちら

こちらは、親子で使える保湿クリームです。
美容成分がきちんと配合されていて、妊娠線だけでなく全身で贅沢に使いたい商品です。

楽天市場での妊娠線ケアクリームのランキングはこちらから確認できます!

乾燥したりすることで痒みがひどくなってしまうので、保湿が大切なんです。
産後検診で医師に相談したり、薬局で薬剤師さんに相談して何かケアする商品を購入しても良いでしょう。
妊娠線を掻いたり叩いたり水で濡らして擦ったりするのは、逆効果ですから注意しましょう。

身近なアイテムで妊娠線をケア

ニベアクリームと言えば、あのマドンナさんも愛用している超高級クリーム「ドゥ・ラ・メール」と成分がほとんど同じということで話題になりました。
そのニベアクリームが妊娠線のケアに有効って本当でしょうか。

ニベアクリーム

ニベア青缶

ニベアクリームは、妊娠線対策に効果的といわれています。
もちろん、時間や経済的に余裕があれば妊娠線クリームを購入することをおすすめします。

でも、出産前後はとてもお金もかかりますから、どうしても妊娠線クリームじゃな無ければいけないかというとそんなことはありません。

妊娠線のことをまだあまり知らなくて用意していなかった場合、近所のドラッグストアにはなかなか妊娠線クリームって見つからないのですぐに塗りたくても用意できないこともありますよね。

そんなときは、ニベアクリームをお腹や妊娠線が出やすい太ももなどの脚にも塗っておきましょう。

乾燥時は特に気をつける

妊娠線って、お腹が大きくなるときに皮膚が追いついていけずに引っ張られて内側が断裂して起こるんです。
妊娠線を作らない、なるべく目立たないようにするには皮膚をいつも保湿して柔らかくしておくことがベストなんです。

ですから、妊娠線クリームが無いから塗れないとあきらめることはなく、すぐに自宅にあるニベアクリームやスキンクリームを塗っても良いのです。
特に乾燥する冬にお腹が大きくなって出産という場合には、お肌も乾燥しやすい状態なのでこまめにケアしましょう。










妊娠したお腹の大きな女性