バストアップに豆乳!?効果的な飲み方と種類について

豆乳




バストアップをはじめとして、丸みのあるボディラインや美しい肌、髪の毛にいたるまで、女性らしさが作り出されるには十分な女性ホルモンが必要です。
しかし、不規則な生活によるホルモンバランスの乱れ、加齢などを要因として女性ホルモンの生成は滞ってきてしまいます。

大豆イソフラボン

そこで注目されているのが豆乳です。
豆乳に含まれている大豆イソフラボンは、体内で女性ホルモンのエストロゲンと似た働きをします。

なので、女性ホルモンの減少により身体の部位や皮膚から女性らしさが失われているのであれば、大豆イソフラボンを積極的に取り入れることで、女性ホルモンのバランスを整えることが出来るでしょう。

豆乳には数多くのビタミンも豊富に含まれており、美容のためにも良い飲み物であると考えられます。
美しくキレイな女性であるため、豆乳を飲む習慣をつけてみてはいかがでしょうか。

効果的な飲み方について

バストアップに豆乳

バストアップに、女性らしい丸みを帯びたしなやかなボディを作るにも、大豆イソフラボンは効果的でしょう。
そして、大豆イソフラボンの効果を更に高めるため、他にも重要なポイントがいくつかあります。

まずは豆乳の種類。
大豆と水だけで作られている成分無調整豆乳、甘みやカルシウム、食塩などが加えられて飲みやすくなっている調整豆乳。

主にこの二種類が販売されていますが、どちらにも大豆イソフラボンは含まれています。
もしも豆乳の味が苦手でないというのであれば、無調整豆乳をおすすめします。

無調整豆乳をおすすめする理由

無調整のものと成分調整されたもの、どちらにも大豆イソフラボンは含まれているのですが、200mlあたりに含まれるイソフラボンは無調整のもので68㎎、調整豆乳だと50㎎です。
僅かではありますが、無調整豆乳のほうがイソフラボンが多いことがわかります。

けれども、無調整豆乳か成分調整どちらにせよ、毎日継続して飲み続けることに意味があるでしょう。
では1日の中でいつ飲めばいいのか。

ベストな飲むタイミングとは

ベストなのは吸収率が最も高い朝食前でしょう。
また、大豆のもつ整腸作用や糖質の吸収を抑制する効果も期待できるでしょう。
毎日朝食前に豆乳を飲む習慣を身につけることで、バストアップ、そして健康で美しい身体をつくる手助けをしてくれます。










豆乳