むくみのせいで太って見えていた!?むくみの原因と部位別改善法まとめ

喜ぶ女性




自分で鏡に映る自分を見て太いなあって思ったり、
人に、あれ?ちょっと…「太い」と言われていた(思われていた!?)身体の部位、
もしかしたら、むくみのせいだったかもしれません。

知らず知らずの内にむくんで、それが当たり前になって今まで太って見られていた…
なんて、ショックですよね。


そんなあなたにお教えしたい、むくみの原因と解消法!
以前に足のむくみについて書きましたが、
今回は、足以外にも起こる全身のむくみについて説明していきますね!

むくみってなんで起こるの?

まず、ここですよね。
むくみということばは身近でも、その仕組みってなかなか知りませんよね。

「人間は体重の60%が水分でできている」

このフレーズ、誰しも一度はどこかで聞いたことがある方も多いのでは?
これもただの水分ではなく、細胞外液(細胞の外の水分)が1/3、細胞内液(細胞内の水分)が2/3という割合で存在しています。

人間は体重の60%が水分
前者の細胞外液の中の細胞と細胞の間にある「間質液」。
この間質液が動脈側の毛細血管から染みだし酸素や栄養素を細胞に届ける役割と、
細胞の代謝によってできる炭酸ガス(二酸化炭素)や老廃物を、静脈側の毛細血管やリンパ管へ戻す役割をしています。

また、毛細血管の壁には微小な穴があり、常に水分(間質液)が出し入れされているのです。
正常だと、血管から染み出る水分と血管に回収する水分のバランスを保ち、細胞間の水分も一定に保たれています。

しかし、何らかの原因により、細胞間に水分が滞ると、「むくみ」が起こるのです。

むくみやすい部位がある

私たちの身体の中でも、むくみやすい部位があります。
また、部位によって、むくみの原因も違うんです!

脚のむくみ
特にふくらはぎにむくみが出やすくなります。

足のむくみは、重力によって、余分な水分が下半身に溜まることにあります。
これは、立ち仕事でも座り仕事であろうと重力はかかるので、多くの人に見られる症状です。

顔のむくみ
顔もむくみやすい印象がある部位ですね。

顔のむくみとして特徴的なのが、朝方にでてくるむくみだというところです。
特に、まぶたのむくみを感じる方が多いようです。

顔のむくみの原因となるのは、

  • 過度な水分補給(特に夜に摂取した場合)
  • アルコールの摂取量の増加
  • 運動不足
  • 睡眠不足

などが原因で起こります。

手のむくみ
意外にも起こりやすいのが手のむくみ。
また、自覚症状がないのが手のむくみの特徴といえます。

むくみは、腱や筋肉の多い場所にも起こりやすく、手には腱が多いので、むくみやすくなります。
原因としては、水分の過剰摂取、アルコール摂取量の増加のほか、デスクワークや冷え性なども挙げられます。

お腹や背中

背中、お腹のむくみ
こちらも意外ですよね!
お腹は水分の流れに深い関係を持つリンパ節がないため、余分な水分が溜まりやすく、むくみやすくなります。

食生活の乱れや、運動不足が原因とされています。
背中は、長時間の睡眠や猫背などの、姿勢からによるものや、一日中座りっぱなしでいるなどすると
腰で余分な水分が溜まり、背中のむくみの原因にもなります。

部位別のむくみ解消法

足のむくみ解消法については、以前の記事でご紹介したので、今回は足以外の部位の解消法を紹介していきます!

【顔】

うつぶせ寝禁止!

うつぶせで寝ると、顔が下になり、足がむくむのと同じような状況になります。
なので、起き上がってしばらくすると、むくみは引いていきます。

アルコールの摂取量に気を付ける

アルコールの摂取量

原因にもあったように、アルコールの摂取量が多いと、むくみやすくなります。
朝に尿で余分な水分が排出されると、自然にむくみが引きますが、
こちらも個人差があるので、人によってはむくみが引かないことがあるので、気を付けておきましょう。
飲み会でも、お酒の合間にこっそりノンアルコールや、お茶などをはさんでみると、摂取量をおさえられますよ!

顔のリンパマッサージ

まずは、首のコリをほぐしていきます!
左右それぞれ3回ずつ大きくまわします。
次に、鎖骨にあるくぼみに指を4本いれて、20回ほど押していきます。

ここでポイント!

力は強くなくてOK!
気持ちいいと感じる程度に。

顔のリンパマッサージ

次に、顔をほぐしていきます。
顎から耳の上にかけて、引っ張り上げていきます!

ここでポイント!

ここでも力を入れすぎず、マッサージクリームや、美容クリームをつけて
すべりやすくしてから行いましょう!

何度か引っ張り上げたら、耳の後ろから鎖骨へ余分な水分を流して、おわり!
たった1分ほどのマッサージで、すっきりしますよ!

【手】

手のマッサージ

顔同様、マッサージクリームを付けて、指の根本から爪先に向かって、もみほぐしていきます。

むくんでいる方は、このマッサージは結構痛気持ちいいはずです~

手のツボを押す

手のツボ
親指と人差し指の交差するくぼみになっている部分をゆっくりと押す。
他の指と指の交差する部分も押していく。

押して気持ちいいところを痛くない程度に押していきましょう。
私はたまに押しながら、寝そうになるくらい気持ちいいツボです。(笑)

バンザイ体操

腕全体のむくみを感じたときは、腕を上にあげてバンザイをします。
腕を上げたまま、手首をまわしたり、手をぶらぶらと動かします。

腕を心臓より高い位置に上げることで、血液のめぐりを促します。

【お腹】

おなかのびのびストレッチ

おなかのびのびストレッチ
両手を頭の上で組んで、引っ張られているように、真上に伸ばしていきます。
このときに鼻で息を吸い込みます。

次に息を吐きながら、上半身を横に倒していきます。
倒した位置で、息をまた吸って、上半身の位置を戻していきます。
これを左右セットでしていきましょう!

横腹を意識しながら伸ばすことが大切です!

足をなでなでマッサージ

足の付け根から上から下に撫でていきます。
この時、軽く、ゆっくりと行いましょう。
左右ゆっくり10回ほど行います。

【背中】

腰を回す

腰を動かし、回すことで身体の水分の流れを促していきます。
仕事の合間のリフレッシュにもおすすめ!

睡眠時は、ゆったりとしたパジャマを

腰の部分の過度な締め付けは、水分を滞らせてしまう心配が…
ゆるいひもで調節するタイプや、ワンピースタイプのものがおすすめです。

敷布団に硬いものを選ぶ

寝返りしやすい敷布団
寝返りを打つと、水分が滞りにくくなります。
低反発のマットレスなどもありますが、寝返りが打ちにくく、水分が一か所に滞ってしまう恐れが…

まとめ

むくみの代表ともいえる足や顔以外もむくみやすい部位があり、
それぞれに原因が違っている…人間の身体って不思議ですよね~(笑)
そのため、もちろん解消法もそれぞれ違うわけですね。

カラダの水分の流れを促して、むくみをスッキリさせて、本来の自分を取り戻しましょう!










喜ぶ女性