車の運転席用に紫外線対策しよう!

運転席で受ける紫外線の危険性




車を運転している時にも紫外線は避けられません。

特に運転席は視界を遮ってはいけないので、窓にカーテンを付けるわけにも行きません。
どうしても、紫外線を浴びてしまいます。
だからこそ、できれば運転席用に紫外線対策をしておくことをオススメします。

その一つに「UVカットフィルム」があります。
近年は車の窓向けのUVカットフィルムも増えてきて、窓の動作に支障を与えずに貼ることの出来る商品が増えてきています。

運転席で受ける紫外線の危険性

運転席の窓だけでも貼っておけば、降り注ぐ紫外線をごっそり受けてしまうことはなくなりますから、最低限の対策として貼っておくとよいでしょう。

※ただし、車検の決まりで貼る場所によって透過率についての決め事があるようなので、スモークの入ったものを購入する際には気を付けておきましょう。

そしてまた、そもそも「窓を変えてしまう」というのも運転席用の紫外線対策の一つです。
近年はフィルムなどを張らなくても紫外線などをカットしてくれるガラスが販売されていますから、それと交換してもらうというのもひとつの手です。

特にトラックドライバーなどクルマに乗るのが仕事であるという場合には交換してもらうことをオススメします。
都市圏でない限り毎日のように乗ることになるのが車ですから、特に運転席の紫外線対策はしっかりしておきましょうね。










運転席で受ける紫外線の危険性