髪の毛(頭皮)の紫外線対策方法について

髪の毛の紫外線対策




紫外線は頭皮に強い影響をもたらします。
若い頃は紫外線をいくら浴びてもすぐ回復するような感じがするのですが、歳を取れば取るほど、紫外線によって蓄積したダメージが形となって現れます。

紫外線から髪の毛守ろう

年をとってから薄毛になってくる、というのも紫外線によるダメージ例の一つです。
それでは頭皮、髪の毛をどう紫外線から守ればいいのかというと、簡単にいえば「紫外線を極力当てない」というのが最も簡単な方法です。

紫外線対策アイテム

髪の毛の紫外線対策

その一例が帽子や日傘です。
帽子や日傘は紫外線を反射したり、紫外線を吸収したりしてくれるため、肌に与えられるダメージが少なくて済みます。
頭皮に与えられるダメージが減れば髪へのダメージや影響も必然的に減りますから、まず頭皮に紫外線を当てないことを意識して生活しましょう。

UVカット帽子の詳細はこちら

UVケアシャンプー

そしてまた、髪自体もUVケアが出来るシャンプーなどでケアをしてやることをオススメします。
頭皮のダメージさえ減らせば時間とともに髪は回復してくれるものですが、できるだけ髪のダメージも補修しておいたほうが、後々の回復がしやすくなります。

近年は、UVカット向けのおしゃれな帽子や日傘も販売されていますし、シャンプーもたくさんあります。
髪の毛は年をとってからダメージが現れやすい部分ですから、しっかり紫外線対策をしておきましょう。

紫外線で頭皮が赤くなってしまったら

敏感肌で肌がデリケートな人は、紫外線で頭皮の状態が悪くなることがあります。
赤くなってしまったり、痛痒くなってしまったり、症状はさまざまです。

シャンプーで頭皮の状態が悪化

そんな頭皮の状態だと、普段使っているシャンプーによっては頭皮の状態を悪化させてしまうケースがあります。
シャンプーはほぼ毎日する行為なので、頭を洗わないわけにもいきません。

そんな時は、アミノ酸系のシャンプーを使いましょう。
アミノ酸系シャンプーは、一般的なシャンプーと違い肌に刺激となる成分が少ないので、敏感肌の人にもおすすめです。
刺激のある成分(ラウリル硫酸Naなど)が含まれていると、洗浄力はあるものの頭皮に負担がかかってしまいます。

暑い時期は紫外線などの影響もあり、頭皮の状態が崩れるときでもあります。
そんな時、普段使っているシャンプーが知らず知らずのうちに悪化させてしまう場合も。
身近なところにも原因は潜んでいますので注意が必要です。

人気のアミノ酸系シャンプーをチェックする










髪の毛の紫外線対策