紫外線対策に被る帽子の色って何色が効果的!?

紫外線対策用の帽子




腕や脚だとUVカットクリームなどを塗ればいいのですが、顔などは別の製品を用意しなくてはいけなかったり、目に至っては対策が非常に難しかったりするので、紫外線対策として帽子を着用しているという人もたくさんいます。

効果的な帽子の色とは

ただ、紫外線対策の観点から言えば、帽子の色というのも大切な要素です。
それでは紫外線対策に被る帽子の色は、何色が最も効果的なのかというと、直感に反さず「黒」です。

 

服においても帽子においても、紫外線を最も通しにくいのは黒色のものだと言われています。
その次は赤や青です。これらはどの色も「濃い」色ですよね。

一般的に色が濃ければ濃いほど紫外線を吸収しやすいですから、紫外線対策には黒や赤、青のような濃い色のものが適しているという訳です。
ただここで注意して欲しいのは、「UVカット帽子であれば色は気にしなくても良い」ということ。

UVカット帽子の存在

近年はUVカット加工がなされている帽子も増えてきており、スポーツ店のみならず普通のショップでも販売されていることが多いです。
UVカット帽子は特殊加工がなされているため、どのような色でも紫外線をしっかりカットしてくれるのです。

ですので、紫外線対策に被る帽子の色は、UVカット加工がなされていないのであれば極力「黒」を選んでおくと効果的である、というのが結論です。










紫外線対策用の帽子