テニスをプレイする時の紫外線対策グッズとは

テニスプレー中の紫外線対策について




屋外のスポーツとして人気が高くなってきている「テニス」ですが、問題はプレー中に浴びてしまう「紫外線」です。

テニスは運動しやすいように腕や足などを露出した状態でプレーされることがほとんどだと思いますし、晴れている日なら浴びる直射日光の量も相当です。

テニスプレイ時に気を付けたい紫外線対策

このようなことからテニスをプレイするときには「腕、脚などの露出部への対策」と「目に入ってくる紫外線への対策」が必要だということがわかります。

それでは腕や脚へはどのような対策グッズが有効かというと、代表的なものとして「UVカットクリーム(日焼け止め)」「UVカットスプレー」があります。

日焼け止めを賢く使うのがイイ女!基礎知識と使い分けがポイント

2017.06.29

日焼け止めを使う場合にも、汗でとれにくいウォータプルーフのものを選び、プレーの合間などこまめに塗り直すことが重要です。

また、「長袖のアンダーウェア」を着用することも対策としては良いでしょう。

ハーフ丈UVカットシャツ
ハーフアンダーシャツ(UPF50+)

長袖でも着丈はハーフ丈という機能性のあるものもたくさんありますが、もちろん暑い中での着用になるので、秋冬用のウェアなどは上手く体温調節ができず、体調不良を起こしてしまうかもしれません。

そのため、長袖のウェアはスポーツ用で出来れば生地自体がUVカット効果のあるものが望ましいです。

そして目に入ってくる紫外線へはどのような対策を取ればいいかというと、最も代表的なものとしては「サンバイザー」や「サングラス」があります。

サンバイザー
サンバイザー

テニスプレイヤーだと着用している人も多いですが、なにも紫外線を遮るものがないコートの上では紫外線対策に役立ってくれます。
熱中症対策も兼ねてということであれば、キャップの着用も効果的です。

また、今は顔全体を覆ってくれる商品も販売されています。
徹底的に紫外線対策をしたい方にはおすすめです。

UVカットフェイスカバー
フェイスカバー テニスグッズ

まとめ

より完璧な紫外線対策をするには、UVカットクリーム(日焼け止め)やサンバイザーなどを組合せて使用することをオススメします。










テニスプレー中の紫外線対策について