ダイエットの手助けに!フルーツで作る酵素ジュースレシピはこちら




酵素とは私たちの生活の中で切っても切れない関係です。
生命維持にとって欠かせないものです。

酵素の働き

酵素は食べ物の消化を始め、皮膚の新陳代謝、血液の循環など体のあらゆる働きに関わっています。
酵素が不足すると、体調に現れます。
消化不良、肌の不調、だるさなども酵素不足が原因の可能性があります。
健康的な生活のためにも酵素は重要な鍵を握っています。

しかし、作っても美味しくなかったり、匂いがきつかったりすると続けられません。
今回はフルーツでできる酵素ジュースのレシピをご紹介します。

基本の酵素シロップ

材料

  • お好きなフルーツ…1kg(りんご+レモンなど。)
  • 上白糖…1kg

作り方or飲み方

  1. 4リットルくらい入り、口が広い瓶を用意する。
    フルーツは皮ごと使うのできれいに洗う。
    (無農薬のフルーツがおすすめ!)
  2. フルーツを厚めの輪切りでカットしておく。
    均一の厚さになるように。
  3. 瓶に、砂糖→フルーツ→砂糖→フルーツ→砂糖の順で、
    砂糖でフルーツを挟むように重ねていく。
    瓶のふたは軽くかぶせるように乗せるだけで密封しないようにする。
  4. タオルやガーゼでほこりが入らないようにしてください。
    日に当てないところで保存する。
  5. 1日経てばフルーツから水分が出てきます。
    1日2回(最低1日1回)上下に混ぜる。(50回ほど全体を混ぜる)
    ※混ぜる際は手をしっかり洗い、雑菌が入らないように気を付けてください。
    肌が弱い人は手袋をしてください。
  6. しばらくすると、1週間くらいで炭酸のようなシュワシュワした泡がでてきます。それが頃合いです。
  7. 酵素を冷蔵保存する瓶を用意します。
    煮沸殺菌して、冷ましておいてください。そこに、酵素をこしながら入れていく。
    その瓶のふたも軽くあけておいてください。
  8. こしたフルーツは刻んでヨーグルトに入れてもOK!
  9. 炭酸や、水、牛乳などで割って飲みます。
    30mリットルを5倍で割ってください。(好みによります)

解説&ポイント

暖かい温度のところが最適です。
しかし45度以上になると酵素が死んでしまうので注意!
特に夏場は冬場より最短で作れます(1週間ほど)

料理はもちろん、お風呂でも

酵素シロップを作ってオリジナルの酵素ジュースを楽しんでください。
もちろん残った果物かすはお風呂に入れてもお肌がつるつるになります!
料理に使ってもより美味しくできますよ~
おススメはソースを作るときに一緒に入れると美味しさが増します。

酵素ジュースはスムージーじゃない!

酵素ジュースはスムージーとは違います。
スムージーで作るジュースはミキサーなどを使いますが、その過程で酵素が少なくなってしまうので酵素ジュースとは言えません。
酵素は生の果実を摂るのが一番早いのですが、最近は酵素のダイエットが流行っていていろんなものが販売されています。
しかし、高くてなかなか買えない人もいると思います。
そんな時は酵素シロップを作って、手作り酵素ジュースを作ってみましょう。

ダイエットと酵素

酵素ダイエットという言葉をきいたことあると思いますが、これで痩せるわけではなく、酵素を補いダイエットの手助けをしてくれるので、酵素を飲むだけで痩せるわけではありません。
置き換えをすれば確かに痩せるはずです。
そもそも、カロリーが低いわけではないので体の調子を整えるのを手伝ってくれる。と思ってください。

まとめ

酵素ジュースは簡単に飲めますが理想的なのは、生の野菜、果物を摂るのが一番です。
酵素ダイエットもよく聞きますが、やはり個人差もあり、合わない人はすぐにやめたほうがいいと思います。
自分にあったダイエットが一番なので、流行に乗らなくても体調を第一に考えて、食生活の見直しから始めてください。