温かいご飯はNG!?炭水化物ダイエットレシピはこちら

鶏肉と野菜のごろごろトマト煮




若い女性などがよく実践するダイエットですね。
要は、炭水化物を含む食品を摂らないこと。
お米、パン、麺、イモ類が代表的ですね。
しかし、お米など炭水化物は私たちが生きていくうえで必要な栄養素なのです。

重要なのは食べる時間帯にあった!?

「必要な栄養だけど、でも…」

さて、ここで重要なのが「食べる量といつ食べたらいいのか!?」ということ。
なるべく、エネルギーが必要な朝、昼は普通にご飯を食べます。
(もちろん茶碗半分を意識してください)

夕食は抜きましょう

夕食に炭水化物を食べなければ効果が出ます。
夜は日中ほど脳が活発に働かないので、エネルギー消費も少なくなります。
なので、朝、昼は普通に食べるようにすれば脳に栄養が行き、仕事や勉強に必要な集中力も高まります!

今回は、ご飯を食べずにお腹いっぱいになり、お肌のトラブル改善や、ヘルシーカットできるレシピをご紹介していきます。

豆腐ステーキ きのこソース

豆腐ステーキ きのこソース

材料(2人前)

  • 豆腐(絹、木綿どちらでも)…1丁
  • 小麦粉…少々
  • オリーブオイル…少々
  • きのこソース
  • しめじ、えりんぎ、えのきなど…適量
  • 醤油、みりん、酒…大匙1
  • ほんだし…小匙1
  • 片栗粉…大匙1

作り方】

  1. 豆腐は600wで1分半加熱し、水気を切る。
    横半分にスライスし、さらに四等分する。
    小麦粉を豆腐にまぶす。
  2. 熱したフライパンにオリーブオイルをひき、豆腐を焼いていく。
    その間に別の鍋にきのこソースの材料を全部入れ、とろみがつくまでじっくり弱火で加熱していく。
    味が足りなければほんだしを足す。
  3. 豆腐の両面に焦げ目がついたら皿にのせ、その上にきのこソースをかけて完成。

解説&ポイント】

豆腐のステーキは素朴なんですがソースによって和風、洋風にもなるのでおすすめです!
大豆食材はいつ食べても体に良いのです。なるべく毎日摂取したいですね!
肌荒れが気になる方にもおすすめですよ。

鶏肉と野菜のごろごろトマト煮

鶏肉と野菜のごろごろトマト煮

材料(1人前)

  • 鶏肉(ササミやムネ肉)…100g
  • ニンジン…1/3本
  • ナス…1本
  • アスパラ…1本
  • しめじ…少々
  • トマト缶…200g
  • コンソメ…大匙1
  • 塩コショウ…少々
  • 水…200mℓ

作り方】

  1. 野菜はダイスカットし、シリコンスチーマーで600wで4分ほど加熱しておく。
    鶏肉は食べやすくカット。
  2. 鍋に水、野菜、鶏肉を加えてひと煮立ちさせる。(中火)
    コンソメを加え、鶏肉の火が通ったらトマト缶を加える。
  3. 味を見て、塩コショウで調節する。
    皿にのせてお好みでパセリなど散らしてもOK。

解説&ポイント】

加熱したトマトは夜に食べるとダイエットにいいと言います。
なぜなら、トマトに含まれるリコピンは加熱でも失われず、加熱によって細胞膜が壊れ、代謝や脂肪燃焼をサポートしてくれるのです。

さらに、コクも増すので生のトマトより甘くなります。
オリーブオイルやチーズと摂取しても、効果が強化されます。

したらき焼きそば

したらき焼きそば

材料(1人前)

  • しらたき…1袋
  • 野菜(お好みで)…適量
  • 焼きそばソース…大匙1~2
  • 塩…少々

作り方】

  1. 白滝は水洗いしたあと、フライパンでパチパチと音が鳴るまで水気を飛ばす。
  2. 野菜を加え、炒める。(中火)
    味をつける。強火で水気を飛ばしながらソースをからめる。
  3. 皿に盛り、青のりや、鰹節をお好みでかけて完成!

解説&ポイント】

今、したらきをめん代わりにしたり春雨だったり、専用のしらたきも出てますね。
ダイエットの相棒になります♪
だからと言って毎回こんにゃくばかりはやめましょう(笑)

こんにゃくだけでは栄養がないので他の食材とうまく組み合わせて栄養バランスを調えましょう!

炭水化物ぬきダイエットのまとめ

言葉通り”炭水化物を抜くダイエット”ですが完全に食事から抜くのはNGですよ!
栄養が必要な朝、昼はなるべく食べましょう。
ちなみに最近は温かいご飯を食べるより、冷えたご飯のほうがダイエットに向いているといわれています。

ご飯を冷やすと「レジスタントスターチ」という成分ができ、消化されにくいでんぷんへと変身します。=カロリーになりにくい。

食物繊維の性質を持っているんだそうです!

なので、お昼のお弁当におにぎりを持参したらバッチリですね!

極端に食事の量など減らして体調を崩さないように気を付けて、バランスの取れた食事をしましょう。










鶏肉と野菜のごろごろトマト煮