告白は自由!場所はそれほど問題じゃない!?本当に大切な6つのこと

愛の告白




「好きな人がいる」
「好きな人に告白したい」
「どんな場所で告白したら良いかわからない」

そんな素敵な恋や悩みを抱えている人も多いと思います。
まず、これからお話したいことはすべての人に共通するわけではありません。


当たり前といえば当たり前ですが、それぞれ価値観や個性などがあり、そんなところにも魅力を感じ人を好きになるわけです。
そのことを頭の片隅に置いて頂き「こんな考え方もあるんだな~」程度に思って頂ければ幸いです。

好きと告白するのは自由度100%

自由度100%
日本では、現在「お酒は20歳から」「選挙権は20歳以上」など色々なことに年齢制限がありますが、
告白することは、年齢に関わらず誰でも自由に相手に気持ちを伝えることができます

これってすごくステキで幸せなことだと思いませんか?
そんなこと当たり前でしょ。
なんて思うかもしれませんが、生まれてくる時代が違っていたら、
人を好きになる行為自体に年齢制限があるやも知れません。

告白して後悔するなら良しとしよう

告白して後悔するなら良し

「あの時、やっぱり告白しておけば良かった」
なんて、よく聞く話しですが同じような経験はありませんか?

そして相手を思う気持ちが大きければ大きいほど、気持ちを引きずり後悔するはめになります。
いずれ忘れられれば良いですが、人によってはずっと心の奥底にあって、
「知らぬ間に新しい相手と比較してしまっている」なんてことも十分にありえます。

これは、相手にも失礼ですし自分自身もなんだかイヤな気持ちになりますよね。
こういった感情の流れが、すれ違いやはたまた別れの引き金になる可能性も。。

であれば「告白しておくべき」だと思います。
結果はどうあれ、同じ後悔なら「告白して後悔」したほうが、自分自身の為にも、そして次にも繋がるかもしれません。

男女の間での友情は成立しない!?

友情

男性と女性の間で友情は成立するという方もおられますが、
基本的に成立することはないと感じています。
男と女は別の生き物として考えるべきです。

そもそもどこからが友情になるのかは判断がつきにくいところですが、
男女の友情は成立するという考え方は女性の方のほうが多いようです。

よくあるのが「友達だと思ってたのに○○君から告白された」

あなたも一度は聞いたことのあるフレーズではありませんか?
女性のほうは友達だと思っていたけど、男性のほうは実は違っていた。

そうなんです。
異性で友達として繋がっていられる場合、大抵このパターンが多いんですね。

必ずどちらかが相手のことに好意を抱いている、そうじゃなかったとしても、
興味があったり少しでも気になっていることがほとんどです。

また、友達と思っていた側は、知らぬ間に気がある素振りをしてしまっている場合もあります。
気になる相手にそんな素振りをされたら嬉しくない人はいないはずです。

何をお伝えしたいのかというと「男女間での友情はほぼ無いに等しい」ことを予め理解しておけば、
なんとも思わない人に気がある素振りをしてしまうような誤解も防げますし、
そうすることでお互いに傷つくことが減るのではないかなと思うんです。
勘違いしてしまう人って意外と多いものですからね。

ただ稀に、本当に男女間での友情が成立する場合もあります。
ですが、見極めるのは難しいので、前述した心構えはしておいて損はないと思います。

好きの種類によって告白しないのもアリ!?

告白しない

「このままの関係が崩れてしまうのが怖くて告白できない」
という人も中にはおられると思います。

好きは人それぞれ違いますから、告白して付き合いたい人もいれば、
告白だけで十分という人もいますし、好きな人とメールだけできれば満足という人もいます。

ただ、控え目の方に注意していただきたいのが、相手に都合よく利用されてしまうケースもあるのでそれだけはは気をつけて下さいね。

「好き」という言葉の重要性

言葉の重要性

「言葉にしなくても伝わっている」
「言葉より行動で示したほうがいい」

なんてよく論議されています。
どちらも決して間違っていませんし、相手によっても異なる部分だと思います。

また、言葉にしなくても嬉しい時や悲しい時間を一緒に過ごすことで、お互いが好きと伝わるような瞬間を感じるときもあります。

それでも「言葉で伝えないとわからない」時があります。

 

「好き」と言われて困ることはあるかもしれませんが、悲しいことはないはずです。
誰でも好かれるということは嬉しいことです。

それを一番ストレートに伝えられるのが「言葉の力」だと思います。

 

ただ、言葉だけで足りないときは行動をプラスしたり、
上手にバランスよく相手を思いやることが大切なのかもしれませんね。
そうすることで、安心感も得られますし信頼感も生まれてくると思います。

場所にこだわるならタイミングにこだわろう

タイミング

告白しようと考えた場合、場所だったりシチュエーションに目がいきがちです。
たしかに告白しやすい場所や相手が好みそうな場所は大切ですが、

一番大切なことは、それは「タイミング」です。

何事もそうですが、タイミングって重要ですよね。

 

例えば、意を決して告白したけど好きな人がいて断られる時があります。
また、知らぬ間に相手に恋人ができていたり、別れたばかりだから考えられないなど。。
色々な事情で、告白したけど振られてしまい上手くいかない場合があります。

もちろん、相手に気持ちがなく断る理由として言われるケースもありますが、
本当の理由だとしたらタイミングが悪かったとしか言いようがありません。
そうならないようにバッドタイミングだけは避けたいところです。

 

思いを寄せている相手のことは自然と普段から気にかけていると思います。
日常生活している中で、相手が何らかの変化もしくは行動だったり、いつもと違うところが少なからずあるはずです。

そんな些細なサインを見逃さないことが、ベストタイミングを図るチャンスでもあり、
告白成功率アップに繋がるのではないかと思います。

 

まとめ

指文字のLOVE

以上、告白するときに大切な6つのことをお話しました。
あくまで、考えは人それぞれです。
ましてや、状況に応じて思うことも違ってきます。

けど、あなたの告白する気持ちの後押しができれば幸いです。










愛の告白