好意がある男性にバレンタインチョコとプラスαあげるとしたら?

バレンタインデー




バレンタインデーといえば、女性が男性にチョコを渡すイベントの日ですが、義理チョコもあれば本命チョコ、告白チョコなんかもあります。
義理チョコは義理なのである意味どんなものでも良いですし、本命チョコは基本的に彼氏や恋人にあげるチョコですので、付き合いがある分、相手の好みがある程度わかるわけです。

ですが、友達以上恋人未満で好意を抱いている男性にチョコをあげる時、チョコだけでは何だか味気ないと思い、プラス何かあげたいと思う女性も多いと思います。
そんな時はどんなものをチョコと一緒にプレゼントしたら相手に喜ばれるのでしょう。

相手のことを知っているとポイントアップ

コミュニケーション

一番良いのは相手の趣味や興味があること、好きなものなどを渡すことが喜ばれるかもしれませんが、恋人未満だったりすると、そのあたりの情報収集があまり出来ていないケースもあります。
(こんなこともあるので、消極的な女性は普段から積極的にコミュニケーションをとっておくと良いですね)

相手の男性が欲しいものがわかっている場合は、それをプレゼントしてもよいでしょう。

プレゼントの先にあるものを意識する

笑顔

プレゼントの先にあるものは、相手が喜んでくれるか、相手の笑顔が見れるかというところに尽きるかと思います。

あなたが「これをプレゼントしたらきっと喜んでくれるだろう」と思っていても、実際彼はそうでもなかった、なんてこともありますのでそのあたりは注意が必要です。

プレゼントの価格帯から考えてみる

価格帯

何を買えばよいかわからないという方は、価格帯から絞るようにしてみましょう。

このあたりは年齢層によっても異なってくるので、ベースとして考えてもらえればと思いますが、例として、20代女性でしたら2000円~3000円程度のもので良いと思います。

ホワイトデーのお返しのことも考えておく

お返し

上記の価格設定を例に出したのは、相手が気が引けることを避けるためでもあります。
そして、男性はバレンタインデーでチョコをもらうと同時にホワイトデーのことを考えるようになります。

相手がホワイトデーで返しやすい状況を作ってあげるのも優しさですし、相手(男性)によっては、それを察してわかってくれる人も中にはいます。

また、2000~3000円だと買えるものも限られてきますが、ここで逆に高価なものをプレゼントしてしまうと、その後、関係が成就したときに、何かをプレゼントする度に相手を期待させてしまう恐れがあるからです。

もちろん、あなたがその度に好きな男性に尽くせれば問題ありません。

好きな気持ちのバランスを保とう

気持ちのバランス

ただ、仮に付き合えることになった場合のことを考えると、自分自身の良いところや魅力は小出しにしていったほうが相手を飽きさせませんし、それこそ長く付き合えるコツにもなります。

ですので、好きな人を振り向かせたい気持ちを初めから全面に押し出し過ぎないよう気を付けましょう。

チョコレートがメインということを忘れない

チョコレート

あくまでメインはチョコレートになります。
そのことを忘れないようにして、素敵なチョコレートを用意しておきましょう。

ちなみに、男性は量より質を好む傾向にあるのでそのあたりも気配りしておくと良いと思います。

そして、チョコレートのオプションとして、プラスαプレゼントを送ると相手に特別な感情を抱かせるキッカケになるかもしれません。










バレンタインデー