バレンタインに義理チョコを渡す時のタイミング&注意したいこと

義理チョコ




バレンタインは特定の男性にあげる本命チョコだけでなく、友達や職場の上司・同僚などにあげる義理チョコを渡す場面も出てきます。
そんな時に、いつどんな形で渡せばあなたにとっても相手にとっても自然な感じで終えることができるのでしょう。
また、義理チョコを渡す際に気を付けておきたいことなどもご紹介しています。

お昼休み・休憩時に渡すのがベスト

職場などで、義理チョコを渡すタイミングは意外と悩みどころですが、消去法で考えれば意外とあっさり決めることができます。

例えば、基本的に、出社したばかりだと一日のスケジュールを見なおしたり、準備するものがあったりとバタバタします。
逆に退社する時間になると、その日に予定がある人はすぐに会社を出なければいけないなどというケースが考えられます。

そうなるとやはり、お昼休みだったり、15時頃を目安とした休憩時間を設けてチョコレートを渡すのが無難でしょう。

仮にその場にいなかった人がいたとしても、メモ書きを添えたり、隣の席の人がいれば伝言を残せば問題ありません。
あなたの職場環境や雰囲気によってベストなタイミングを探してみましょう。

女性一同から男性一同へ渡す

仕事場で義理チョコを渡す場合、女性の皆さんで一つとして男性の皆さんへ送ることが望ましいです。

これもこの後の「注意したいこと」のお話にも繋がるところがありますが、何といっても、予算を押さえることができますし、皆で決めることもできるので比較的楽にチョコを買うこともできます。

男性を勘違いさせてはいけない

義理チョコを渡す上で気を付けたいところは、相手が勘違いしてしまわないかというところです。
「私から貰っても何とも思うわけがない」と思っていても、男性からしてみたらそうでもないといったケースもあります。

例えば、「義理チョコだけどあげるね(笑)」なんて冗談を交えながら男性に渡したとしても、
人によっては「義理といっているのは、もしかして照れ隠しなんじゃ」なんて思う方もいらっしゃるわけです。

もし仮にこういった勘違いをさせてしまうと、職場の場合、仕事に影響してきてしまう場合もあり、仕事がやりづらくなったりすることもあるので十分に注意が必要です。
その為、上記でお話した通り「女性一同」として皆で渡すのがベストでしょう。

職場に女性社員が私一人しかいない場合

職場によっては、あなた1人しか女性がいないといったこともあるでしょう。
こういった場合、義理チョコをあげたほうが良いのか?迷うところですが1人の場合はそこまで気を遣う必要はありません。

もしそれでも気にしてしまう、迷うという場合は、休憩室などにさり気なく置いておいたり、社内で信用できる人に強力してもらい、皆に同時に貰ってもらえる場面を作るようにしましょう。

義理チョコは質より量?

本命チョコや告白チョコは、量より質が好ましかったりしますが、義理チョコの場合、複数の人に渡すことがベースとして考えられるので量を意識すると良いでしょう。

また、上記でもお伝えした通り、男性の方に勘違いをさせては申し訳ないので、ある意味に「THE義理チョコ」と思えるようなチョコを購入して渡すのもネタにしやすいですしアリだと思います。










義理チョコ