ニキビの薬が効かない!?頼りすぎずに予防・改善する方法10選

ニキビの薬が効かない




ニキビができてしまって薬を塗り始めたけど、なかなか良くならない…
そんなこと、ないですか?
薬にも人それぞれ相性があるので、効き目にばらつきがあるようです。
そこで、薬以外にもニキビ予防、改善に効果のある方法を紹介します!

洗顔は朝晩の2回だけにする

洗顔

出典:正しいニキビの予防法でぶつぶつ肌からつるつる赤ちゃん肌に♪

ニキビができると、油分が多いのだと思って洗顔を何度もされる方もいらっしゃいませんか?
けど、実は洗顔のしすぎはお肌の必要な油分まで失ってしまうのですね!
何事も、「適度」が肝心ですね。

洗顔後は保湿をしっかり

皮脂線

出典:ニキビ予防 | スキンケア大学

水分が不足すると肌が乾燥し、毛穴出口の角質が厚くなって余計に毛穴が詰まってしまうので
、セラミドなど肌の保湿成分が入った保湿美容液でたっぷり保湿をしましょう。
十分に保湿をすることで、肌が柔らかくなり、毛穴が詰まりにくくなります。

洗顔に続いてですが、保湿をしっかりしてあげることも重要です!
またニキビ予防としては、油分を含まない(少ない)スキンケア商品を選ぶと良いですよ。

睡眠の質を上げる

睡眠時間

出典:睡眠不足によるニキビ

睡眠不足そのものが大きなストレスとなり、自律神経系の交感神経が優位になってしまいます。
ストレスによって交感神経が活発になると男性ホルモンが大量分泌されてしまい、
肌バリア機能が破綻し皮脂分泌量が増加してニキビが発生しやすくなってしまうのです。

睡眠時間をしっかりとることは、ニキビ予防だけでなく、健康を保つためには欠かせませんよね!
“男性ホルモン”が大量分泌…
「ああ、私もこのままじゃ男になっちゃうかも!(泣)」と、危機感を感じました。(もちろんそんな事はありません。)
割と睡眠時間が少なめな私も反省しました。(笑)

ストレスの軽減

ストレス

出典:ストレスは大人ニキビ最大の原因

ストレスを受けると体内では活性酸素が発生します。
活性酸素は細胞を傷つけニキビの原因になり、化膿させたり悪化の原因にもなる怖い物質です。

社会に出るとストレスを感じずにはいきませんよね。
私も社会人になり、ニキビができることが多くなりました。
出来る限りストレスを感じないようにしたり、うまく発散することもニキビ対策になります。

ホルモンバランスを整える

ホルモンバランス

出典:ホルモンバランスの乱れとニキビ

肌が安定している卵胞期にはピーリングなど肌環境を改善させる強めのスキンケアを使う、
肌が敏感になる黄体期は化粧水や乳液によるベーシックなお手入れで済ませるのが良いでしょう。

生理前の肌荒れ。
女性なら誰しも経験してるのではないのでしょうか?
ホルモンバランスに合わせてスキンケアしてあげると、憂鬱な生理前の肌荒れも防げて気持ちも晴れやかに!

冷え性を改善する

冷え性を改善

女性の多くが悩む冷え性ですが、
冷え性がニキビの原因ということを知らない人も多いんではないでしょうか!
血流が滞り、代謝が悪くなり、肌の古い角質が皮脂と混ざり合い毛穴が詰まりニキビができるようです。
冷え性の解消のためには、温かい飲み物を飲んだりして体温を上げることが良いですよ!

紫外線対策をする

紫外線対策でニキビ予防

出典:ニキビ肌の紫外線対策・日焼け止めの選び方

無防備な状態で紫外線を浴びると、肌を守ろうと角質が厚く硬くなる過角化が起きます。
過角化が進むと毛穴が塞がってニキビができやすくなり、その肌は抵抗力が弱いため炎症や悪化を起こします。

シミ対策で日焼け止めを塗られてる方もいらっしゃると思いますが、ニキビ予防にも効果あり!
しっかり紫外線をシャットアウトしましょう!

適度な運動をする

適度な運動

出典:運動不足が大人ニキビの原因!?

運動不足が新陳代謝を抑制してしまい、ニキビの原因に…
ストレッチやスクワット、有酸素運動など自分に合った方法で、運動不足を解消しましょう!

便秘を解消する

便秘を解消

出典:便秘を解消して、大人ニキビを予防

女性に多い便秘ですが、便秘が続くと、肌にもさまざまな形でその影響が現れます。
慢性的な便秘に悩んでいる方は、肌のくすみや肌荒れ、吹き出物、ニキビなどの肌トラブルを抱えていることが多く、肌トラブルに直接対策を打ってもなかなか改善が見られない場合もあります。

便秘を解消するために、食物繊維の多い食材(具体的には、納豆、キムチなどの発酵食品は乳酸菌を、野菜や藻類、豆類)を摂取するようにしたり、おなかに「の」の字を描くようにマッサージして、ニキビ予防しましょう!

「タンパク質」「ビタミン類」を含む食事をする

かぼちゃ

肌のターンオーバーを促進する栄養は、特に「たんぱく質」が重要です。
たんぱく質は、皮膚はもちろん、髪の毛、筋肉、臓器、その他身体のあらゆる部分を構成している成分です。
肉、魚、卵、牛乳、チーズ、納豆、豆腐、大豆製品などです。

また、ビタミン類(ビタミンA・ビタミンB群・ビタミンC・ビタミンE)やミネラルを多く摂取しましょう。
人参、カボチャ、きのこ、海藻類、豚肉、ナッツ類、うなぎ、鉱水などです。

出典:「タンパク質」「ビタミン類」を含む食事をする

日頃から何気なく取り入れている食材などもありますが、ビタミン類になると意外と欠けているところもあると思います。
私は、うなぎなどあまり得意ではないので、鰻の日くらいしか食べませんが、その分かぼちゃなど摂って補ったりしています。

海藻類もけっこう好きかな~。きのことか魚とか納豆とか、このあたりも好き嫌いがはっきりしますよね。
魚は臭みがあったり、骨が多いものだったりすると個人的には苦手です。このあたりも克服しなきゃ!
お肌のターンオーバーを促進させるためにこれらの食材を積極的に摂って、身体の内側からきれいになりましょう!

まとめ

ニキビができた!っというときにはまず、生活を見直したり、食事を見直したり…
そうゆうことから、はじめてみるのもひとつの手ですね!
薬では一向に良くならなかったニキビも、あれ?気づいたらなくなってる!?
なんてこともあるかもしれません!
薬に頼りすぎずニキビ予防、ぜひ試してみてください!

 










ニキビの薬が効かない